関西人が働きたい場所は、大阪? 東京?

大阪で就活する大学生の方、多いと思うのですが。
大阪って、なんとも微妙な場所だと思いませんか?
「地方」というほど、田舎でもなくて、
かといって、東京ほど栄えているわけでもない。

「東京モンになんか、負けてたまるかい!」
「関ヶ原で豊臣が勝っとったら大阪が首都やったんやで!」
「あ~、あの芸人も東京いったんか、おめでたいけど、寂しいなあ…」なんて、

大阪人はやたらと東京に対抗意識を持ってますが、
実際のところ、大企業の本社は東京にありますし、
文化面から考えても、イベントの数は東京の方が圧倒的に多いわけです。

でも、生活するのに不便なことはありませんし、
好きなアーティストのライヴだって、舞台だって、イベントだって、
東京と大阪で開催、なんてことはよくあるので、地方民よりはヤキモキせずにすみます。

電車を乗り継げば、簡単に都会に出られる大阪は、
「ま、東京とか関係ないし。大阪で十分暮らしていけるって」
という気分にさせられます。

就活する時に気になることのひとつは、やっぱり、勤務地ですよね。
これが田舎なら、「とにかく都会へ出たい!」
「地元じゃ希望の就職先もないし、やっぱり東京かなあ…」となるわけですが、
大阪って、なんとも中途半端というか。

大阪に本社を置く会社も多いですし、ベンチャー企業なんかも、
東京ほどではないですが、数があります。
大企業なら、まず必ずと言っていいほど、大阪支社がありますし、
大企業でなくとも、東京と大阪、二か所に勤務地を持つ会社は多くあるので、
「大阪で働きたい!」と思えば、それなりに選択肢はあるわけです。

関西人の方、大阪出身の就活生の方、大阪の大学に通う学生の方、
みなさんは、働くなら、大阪、東京、どちらで働きたいですか?

東京で働きたいという大阪の人は東京の拠点が無いと苦労するかもしれません。
大阪、東京の往復だけでかなりの交通費がかかりますからね。

東京で就活する際の宿泊施設はチェックしておくといいですよ。
というか、チェックしておかないと交通費で破産してしまいます(笑)
でも、大阪で働くという選択肢もありじゃないかなー。

子連れの就活は難しいのか・・・

私は以前の会社を妊娠と共に退職しました。
私の住む所は田舎なので、あまり育児休暇というものに理解がない会社が多いのです。

そして子どもを出産して1年。そろそろ働きたいと思い、就活を始めました。
市役所で小さな子供を持つ母親向けのハローワークがあると教えてもらい、パンフレットも頂いたのでそこに行ってみることにしました。

ハローワークに着くと、小さなプレイルームに保育士が1人いました。
とりあえず、子どもを預けハローワークに登録処理を済ませました。

職員に母親向けの仕事があると聞いたのですが。と尋ねるとそのような仕事はなく、普通に来た求職から母親がやりやすそうな時間のものを選んで言っているのです。
と回答を頂きました。つまり、母親でも一応やれるよ。という案内があるだけで他のハローワークにも同じ求職案内が回っているそうです。
それを聞いて、やっぱり母親の就活は中々難しいものだと感じました。

現在は書類選考は通るものの、面接で子どもが1歳と話すと渋い顔をされて落とされてしまいます。
やはり、子どもの具合が悪いときはどうするのか?という質問をいつもされるので皆さん、子どもが気になるのだと思います。
そんな状態で今も就活中です。

まだまだ採用してもらうには難しそうですが、くじけず頑張っていこうと思います。

職場の管理者とのトラブルから転職活動を経験しました

1年ほど前は、病院併設の老人保健施設のケアマネジャーをしていましたが、職場の管理者の他、補佐の方との考え方の相違があり、人生の岐路に立たされたことがありました。
この管理者は、何人もの職員ともトラブルがあり、家人とのトラブルもしばしばある。いうなれば、トラブルメーカーでした。唯一の救いであった、総師長も癌の転移により、余命も1年を切っている状況で、年度内に退職する予定になっていた事等から、先行きが不安になり、退職を決意しました。
転職活動の一番の理由が人間関係ということを聞いたことがありますが、確かにうなずける話です。

私の場合の元職は介護職員だったこともあり、自宅近くの特別養護老人ホームで再就職することになりました。
その施設長は私が所属していた社会福祉士会の会員である事と、年齢も考え、交代勤務になると拘束時間も長くなる事から、体力消耗を軽減すべく、自宅から近い職場を選んでくれました。
いざついてみて、職場の雰囲気に慣れるまでに時間が掛かりましたが、自宅から近い事もあり、体力面での負担は軽減できています。
ただし、面接の際は、今までどのような業務を真面目に行ってきた事と、退職理由が志望動機の裏返しになっている事も意識しながら面接に臨まれる事をお勧めします。

鉄道会社のガラパゴス化

おはようございます。今朝も雲一つない快調ですが、朝は一桁台の気温になりました。昨晩のWBSで日本の鉄道技術はガラパゴス化していると言っていました。高い技術がありながらうまく世界標準化できていなくて世界マーケティングできていないらしいです。
それは、私達にも言えることだなぁと思いました。マーケティング力かぁ。苦手な分野だなぁ。お客様一人一人にどうぞご家族、お知り合いをご紹介下さいと言うぐらいではガラパゴス化してしまいますね…。